歯周病 歯石除去 学芸大学 歯科医院 目黒区

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

tel:03-3791-8241お問い合わせ

歯周病

歯周病

当院では、虫歯予防の他、歯周病予防に最も力を注いでいます。
歯周病の怖さやメンテナンスの大切さ、歯石除去についてご説明いたします。

歯周病の怖さとその原因

一般的にはあまり知られていませんが、主な抜歯原因は 虫歯 ・・・ではありません。
主な原因は歯周病(歯槽膿漏)です。

歯槽膿漏を原因とした抜歯の割合
永久歯の抜歯原因:出典:「永久歯の抜歯原因調査報告書」より

上のグラフの青い部分が歯槽膿漏を原因とした永久歯の抜歯です。
30代後半以降で歯槽膿漏による抜歯が増加しているのがわかります。

歯槽膿漏は10年以上かけて無痛のまま進行してきますので、20代後半以降の方は歯槽膿漏予防が必要です。
「歯槽膿漏」進行予防には・・・

・・・の2つが非常に大切です。
歯槽膿漏 進行予防のクリーニングは保険適用されておりますので、
ご希望の方はお気軽にスタッフに声をおかけください。

歯石除去やPMTC(クリーニング)

上顎の歯ぐきの後退
▲支える骨が溶け、歯ぐきが下がる

歯周病の原因は、歯にこびりついたバイオフィルム(細菌の塊り)や歯石(目に見えない物も含め)が歯周病原因菌の住み家となっているためです。この細菌たちは、普段のご自宅での歯磨きだけでは落とすことができません。

特に歯石に付いた原因菌が歯茎に炎症を起こさせ、やがては歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を溶かしてしまいます。これが歯がぐらついたり抜け落ちたりする理由です。

スケーラー
▲下の歯の歯石除去

上記のことから、歯科医院で定期的に、バイオフィルムをPMTCで、歯石をスケーリング(歯石除去作業)で、ドクターや歯科医衛生士に除去してもらう必要があります。

予防さえ気を付けていれば、歯を失い、入れ歯やインプラントということは無くなると思います。天然の歯に勝るものはありません。

歯科衛生士が拡大鏡を使用して精密に除去

拡大鏡(ルーペ)を日常的に使用しています

ルーペ
▲歯科衛生士も拡大鏡を
保険診療でも日常使用しています

当院ではPMTCや歯石除去等の行為を行うときは、3~5.5倍に拡大できる拡大鏡(ルーペ)を日々の保険診療でも日常使用しています。これにより、肉眼では見えにくい汚れも確認しやすくなり、よりキレイに汚れを落とすことができます。

歯科衛生士が、この拡大鏡(ルーペ)を使用する歯科医院は限られます。より精密な予防の施術を受けたい方は当院までお気軽にご相談いただければと思います。

ページの先頭へ戻る

歯石除去

スケーリング
▲上の歯の歯石除去

歯石は見た目もよくないばかりか、歯を失う原因である歯周病の原因菌の住み家となります。目に見えない歯石もありますので、歯科医師・衛生士に定期的に除去してもらう必要があります。

特殊なスケーラーという器具で、カリカリと丁寧に除去していきます。健康な歯を削ることはありません。歯石が多くこびり付いているお口の方は、歯石を落としたときに出血したりすることがありますが、これは歯石と細菌による歯ぐきの炎症が起こっているためです。炎症のない人はクリーニングをしても出血はしません。

また歯石を落とした後に歯が長くなったと感じる方も多いのですが、これも歯周病の症状により、歯ぐきが下がっていた箇所に、歯石がこびりついていたためです。

歯石を落としたあとは、場合により、歯の表面のセメント質を滑らかにして、歯垢を付きにくくする施術(ルートプレーニング)も行う場合があります。

ページの先頭へ戻る

学芸大学 地図

東急東横線・学芸大学駅 西口0分

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

tel:03-3791-8241お問い合わせ

〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-8-3 吉田ビル2F

診療時間表
*金曜日は休診となります
※土曜日は休診になることがあります(カレンダーで告知)

ドクター紹介

治療コンセプト

診療カレンダー


:休診日です。

治療内容

クレジットカード 窓口分割払い

クレジットカード適用は自費診療3万円以上からとなります。

マイクロスコープ

歯科衛生士 求人

東京都目黒区の人気スポット・学芸大学駅前で働いてみませんか。

ページの先頭へ

学芸大学駅前の歯医者・目黒区の歯科医院
学芸大学駅前の歯科医院・目黒区の歯医者