奥歯の白い小さな詰め物(セラミックインレー)

当院では、奥歯の詰め物の処置に、白い材料を用いてなるべく削らない治療を実践しています。詰め物が取れた・割れた・欠けた、銀歯が気になる、虫歯がある、等、お悩みの方はお気軽にご相談ください。当院では一般的に割れやすいとされるセラミックに対しても研究者から提供された生のデータに基づき理想的な接着をしています。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドインレー

セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で、歯の型を採った後に歯科技工士が製作する奥歯の詰め物です。

色調、強度ともに優れており、適度な粘り気とすり減り具合が、噛み合う歯に対して優しい材料です。

奥歯の頭全体の詰め物(テーブルトップオンレー)

オンレー

咬合面のラミネートで、失活歯の破折保護を目的としてクラウン形態の代わりになります。歯質が十分残っていることが条件になりますが、切削量、費用が抑えられるメリットがあります。

使用する素材は、ハイブリッドセラミックかオールセラミックになります。

セラミッククラウン(前歯・奥歯)

歯の全体を覆うような場合のかぶせものです。前歯、奥歯に使用できます。
当院では、ジルコニアやe.max(イーマックス)等、以下の素材のクラウンを使用しています。

オールセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

メタルボンドの金属キャップの代わりに「白いダイヤモンド」とも言われるジルコニアを使用し、その上にセラミックを焼き付けたものです。下地のキャップが白いのでメタルボンドのように金属色が透けることがなく目立ちません。

金属を一切使用しないオールセラミッククラウンなので、金属を原因とする歯肉の変色も起こりません。体にやさしく、自然な光を透過し、優れた美しさをもつ審美的に最高の修復物です。

オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウン

金属キャップの下地が無く、全体がジルコニアセラミックで出来たオールセラミッククラウンです。セラミックが欠ける心配がなく、最も丈夫です。ただし、透明感に欠けるので奥歯にしか使用できません。

当院ではオールジルコニアクラウンの種類に「ゼノスター」「3M・LAVA(ラヴァ)」を症例により使い分けております。

e.maxセラミッククラウン

セラミックのブロックを小さな溶鉱炉の機械で焼いて作るオールセラミッククラウンです。e.maxはニケイ酸リチウムガラスというセラミック素材から出来ており、強度や耐性、審美性に優れています。前歯、奥歯など患者さんのお口の状態に合わせて使用します。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

金属のキャップにセラミックを焼き付けたものです。歯の透明感が再現しやすく、変色しません。

オールセラミッククラウンが登場するまでは、主流となっていたセラミッククラウンの一つです。歯の土台にピッタリとフィットするため、今現在でもよく出ているクラウンです。

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドセラミックスという材料で作られたクラウンです。かみ合う歯(対合歯)に負担がかからず擦り減らないという利点があります。

セラミックと名は付いていますが、素材は有機ガラスとプラスチックの混合物なので長期使用によりやや変色します。

ご予約・お問合せ

03-3791-8241

〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-8-3 吉田ビル2F

診療時間*木・金曜は休診となります
※土曜は休診になることがあります
(カレンダーで告知)

学芸大学駅地図

東急東横線・学芸大学駅 西口0分