当院では、歯を失った方への治療として、入れ歯・部分入れ歯・インプラントなどをご提案しております。
材質にも幾つかあり、以下のようなタイプの入れ歯をお作りしております。

レジン全部床(プラスチック)

レジン床 義歯

一般的な保険治療で製作できる合成樹脂製の入れ歯です。

金属より劣りますが、料金は比較的安価で破損時の修理も簡単です。
金属アレルギーの方でも使用できます。

金属床

金属床 義歯

当院では、保険の入れ歯では満足できない、もっと良い入れ歯を作りたい、・・・という方のために、金属床義歯(きんぞくしょうぎし)という入れ歯をオススメしています。

極力薄く軽くお作りできますので、ぴったりとフィットしやすく、しゃべりやすく、食事をしたときの「熱い冷たい」といった温度もお口の中に伝わりやすくなります。

コバルト製やチタン製があり、強度があるため壊れにくく、生体親和性が高いのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)

ノンクラスプデンチャー

特殊な樹脂素材で出来ている部分入れ歯で、軽量で軽く、弾力のある入れ歯です。極めて審美性が高く、大きく口を開いても入れ歯をしていることがほとんど分からないほどです。

部分入れ歯の金属の留め金(バネ)が見えて気になる』という方にはとくにオススメです。部分入れ歯の床自体で歯に固定させ、留め金(クラスプ)が無いことからこの名前がつきました。

インプラント

インプラント

失った天然の歯に変わり、生体親和性の高いチタン製のスクリューを顎の骨に埋入し、その上に被せ物の歯を取り付け、回復させる方法です。

詳しくはインプラントのページをご覧ください。

ご予約・お問合せ

03-3791-8241

〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-8-3 吉田ビル2F

診療時間*木・金曜は休診となります
※土曜は休診になることがあります
(カレンダーで告知)

学芸大学駅地図

東急東横線・学芸大学駅 西口0分