あおい歯科では、歯科衛生士全員が拡大鏡を使用しています。ここでは、拡大鏡を使うことによってどんな利点があるのか、なるべくご理解いただくために、当院の歯科衛生士に以下に詳しくまとめてもらいました。

主任歯科衛生士より

患者様の安心につながる

医療訴訟は一時に比べれば減ったもののネット上では医療に対する不満や質問が増えつづけています。その多くに「ちゃんと診ていないのでは?」「見落としていたのでは?」という点が共通しています。拡大鏡の使用により見落としの無いように診る努力が最大限出来る。よって自分の処置に自信が持て患者様との信頼関係を築きやすくなります。

診療の効率が上がる、安全性が高まる

しっかり術野が見える事で、余計な手間が省けます。例えばクリーニングの際、超音波スケーラーを過度に歯面に当てると傷をつけてしまいますが、正確に歯石の部分だけにとどめる事でそれを防ぐ事が出来ます。必要な所にだけ必要な処置を行えるのでチェアタイムが短縮でき、その分注意深く処置をする事ができます。

姿勢が良くなる

拡大鏡の焦点を合わせる為に自然と姿勢が良くなります。1cm術野から離れるだけでも飛沫が減るので安全面でも優れています。

歯科衛生士Sより

ルーペを使用しての感想

ルーペを使うことによって口腔内の見え方が全然違うので面白いし、スケーリングをしていて「こんなものも見えるんだなぁ」と楽しくなる時もあります。

スケーリング、補助物の調整、セメントアウト、印象、など自分が見たいものが拡大されライトも明るいので明確に分かり効率的に仕事が出来るので、今の私にはなくてはならないものになりました。

歯科衛生士Tより

ルーペについて

  • 肉眼では見えない歯肉の中の歯石、歯と歯の間の歯石まで直視できるため、取り残しがほとんどない。
  • 着色・ステインの際に、虫歯と見分けて細部まで除去できるので、患者様も歯の表面のツルツル感を実感できる。
  • 補綴物の適合を精密に行う事ができる。
  • 補綴物をくっつけた後のはみだした接着剤の取り残しがほとんどないので、2次う蝕を防ぐことにつながる。

歯科衛生士Hより

拡大鏡(ルーペ)を使用して

  • 裸眼できれいに見えても、ルーペを使用すると付着物が見える
  • 細かいところまでクリーニングができる
  • 歯ぐきの中(歯周ポケット)が見えるので歯石除去できる
  • 裸眼より、歯石・プラークの取り残しが少ない
  • 口腔内はもちろん歯1本1本が良く見えるので患者さんに痛みをあたえない
  • 補綴物を傷つけない
  • 詰め物(レジン)のチッピング・クラックを発見しやすい
  • 裸眼の限界を見逃すことなく精密な治療ができる
  • 歯科衛生士として技術の向上ができる(見えることが裸眼と違うので、いろいろなことに気づける)

歯科衛生士SKより

私はルーペを使うことで、裸眼とは見える世界が違うと強く感じました。裸眼でクリーニングした後にるルーペで口腔内を見てみると、まだ付着物がありました。ルーペを使うと細菌そのものが見える訳ではないが、歯石や歯肉の炎症、付着物の付き方などが裸眼よりも確実に見ることができます。

またルーペを使うことにより、患部を正確に把握することもできます。クリーニング時、スケーラーの先端を歯肉の縁下(歯周ポケット)に入っていく様子もしっかり見えました。患者様に痛みを与えないようにクリーニングするためにもルーペが必要だと思います。

歯科衛生士でもルーペを使って仕事ができるということは、かなり精度の高い仕事ができていると思いました。また患者様のために確実で精度の高い安全なクリーニングや治療を行うことができ、私もプロ意識を持ち、日々成長できました。

ご予約・お問合せ

03-3791-8241

〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-8-3 吉田ビル2F

診療時間*金曜日は休診となります
※土曜は休診になることがあります
(カレンダーで告知)

学芸大学駅地図

東急東横線・学芸大学駅 西口0分